個人信用情報活用第7回 JICC情報の示唆性 その4

2-3-5.返済事故を起こしていないか

もしかして、債務整理??
 JICC情報に、「異動・参考情報」や「支払延滞・注意情報」がない場合でも、事故に類似した情報が紛れていることもある。このケースでは、完済している情報に着目している。2つの契約の完済日が、平成25年3月5日と平成25年3月4日と近く、直近の延滞が65日と85日となっている。ここからは、推測の域になるが、返済に窮した顧客が、何らかの方法で、金策をし、なんとか返済に漕ぎ着けた事例かも知れない。このように、単純に、現時点の借入がないからという安易な見方をしてしまうと、顧客の返済能力を見誤ることがある。
【図表7:返済事故を起こしていないか】
201710_07_01

カテゴリー: 個人信用情報の活かし方 パーマリンク

コメントは停止中です。